びにゅう読者が選ぶ「このBMSがすごい!2010」結果発表

Posted by on 12月 31, 2010 at 10:40 am.

びにゅう読者が選ぶ「このBMSがすごい!2010」の結果発表です!
ご回答下さったのは以下の33名の皆さん。総票数は240となりました、ありがとうございます!!

NaiveDog、BMS大好きさん、K;k0ri、不眠、らす、BMS大好きさん、めん○る○る○、ヤンバルクイナ、アストレ、osara、BMS大好きさん、BMS大好きさん、Riutaso、M-kani、些細、さば、excalipur、TrioStaR、えいか、Nitrix、BMS大好きさん、瓜、名前無くても誰だかわかるさん、412、BMS大好きさん、daisan、haleit、A!key、Symphonian、kisama、MInt_Rain、かまたり、筆者
(回答順、敬称略)

一応言っておきますが「BMS大好きさん」は所謂「名無しさん」であって同一人物じゃないです!
作者にプレイヤー、常連インプレイヤーやBMSブロガーなど多彩な顔ぶれが揃いましたが、果たして2010年にこの方々のハートを射止めたのはどの作品なのでしょうか。早速上位を発表していきます。


(5位) dreaming (distorted envy mix) / 姉ヶ崎寧々(void) / cislv [5票]


○ 寄せられたコメント

・ホンマリフが神がかってるでェ…。(不眠)
・ベースが凄く好きです。いろいろ展開して2分に収めて音のクオリティ高すぎるとかすごいと思います。bof2010のとき1000点付けなかったのが心残り・・・(さば)

ということで、まずはBOFからvoidさんの本格トランス作品。イベントでは、個人戦で15位を記録しました。ちなみにジャンルにトランスの名が付く作品の中では1位の成績であり、現世代のナンバーワントランス作者といえば名実ともにvoidさんなワケです。さすがリア充。
voidさんはこのほかにもName of oathやThe Questionなど高クオリティな作品を今年も輩出しており、ソロアルバムも出しちゃったりと活動的な一年だったようです。来年も注目されること間違いなし。
>> ラブプラス+ in BOF 2010
>> Mournfinale | from : void


(5位) Flesvelka / Grand Thaw [5票]


続いては、FIVE VS SEVENを大差で制したこちらの作品。楽曲、映像、譜面の三拍子が揃ったとはまさにこの作品で、非常に高い人気を得ました。
carelessさんと井上⊿さんのユニットであるGrand Thawは、2009年に数年ぶりの復活を果たした、実はかなり制作暦の長い作者さん。今年はLyrical Signalチームの一員としてBOF制覇も成し遂げており、来年もこの勢いを保ち続けての活躍が期待されます。
>> dera-何とか


(5位) Y/N / tigerlily [5票]


○ 寄せられたコメント

・メインEGAきた!これで勝つる!(Tigerlilyさんごめんなさいww) (不眠)

再びFIVE VS SEVENより。コメントにあるようにエガちゃんMADまで作られた、tigerlilyさんのY/Nがランクインです。これまで5鍵作品を作り続けていた氏の、初の7鍵作品、さらにその発表の場が5鍵7鍵ガチバトルイベントということで話題を集めました。
STRの一員であり、今年も幅広い活動を繰り広げていたtigerlilyさん。最近では氏の所属するバンドのライブをUstreamで見ることができる機会もありました。先日pupulyに登録された最新作「in_line」も今回票を集めており、強さが伺えます。
>> tgly.org


(5位) ヨキココロクルーのテーマ!/ ヨキココロクルー [5票]


またしてもFIVE VS SEVENの登録作品からです。今年突如現れた愛くるしい(?)3人組、ヨキココロクルーの衝撃デビュー作。イベントではFlesvelkaに次いで2位という好成績を収め、インプレするともれなく3人からわらわらとレスが返ってくるというオマケも話題をさらいました。
ヨキココロクルーはこの後BOF2010でも大躍進。さらにM3にて「ヨキココロクルーEP」なるものまで頒布してしまうという活動の広がりを見せました。果たして2011年も彼らの姿を見ることは出来るのか、非常に気になるところです。
>> 団地マンション
>> Yoki Kokoro Crew


(5位) 性的猟奇的無意味 / tarolabo [5票]

○ 寄せられたコメント

・荒々しい曲調・BGAがとても魅力的で,見事に圧倒されました。 (M-kani)

BOF2010より、tarolaboさんの物凄いタイトルの作品がランクイン。タイトルに負けず劣らずの尖った作風で、チーム「カオス理論」を体現するような作品になりました。動画BGA普及の真っ只中、大量の画像で表現されたBGAも背筋が凍るような出来で印象に残っています。
唯一無二のセンスで2010年はカオスイベント「ChaosStage」を制するなど、相変わらずの活躍を見せたtarolaboさん。2011年はどんな作品を見せてくれるのでしょうか。
>> loom


(3位) seofireのテーマ? / usomitaina twins [6票]

○ 寄せられたコメント

・開始1音で「ヤバイ」と思ったbmsは久しぶりでした。 (さば)

ここから3位です!BOF2010の問題作「seofireのテーマ?」がこんなところにランクイン。大胆なサンプリングや色々とギリギリなBGAなど、問題作としか言えない問題作。皆さんの中毒症状が心配です…。
usomitaina twinsはOz’beatsにも登場。(見事な失格退場でしたが)そこでもギリギリな作風を見せ付けてくれました。usomitaina recordsの活動含め、2011年も何をやらかしてくれるのか期待が集まります。
>> 団地マンション


(3位) 風仁雷仁 / カラフル・サウンズ・ポート [6票]


○ 寄せられたコメント

・今年のBOFはこれなしに語れない。(不眠)

2010のスーパールーキー、新人王といえばこの方で間違いないでしょう。カラフル・サウンズ・ポートさんのBOF作品が同じく第三位です。作詞作曲歌唱映像譜面全て自炊というマルチプレイヤーっぷりには多くの方が驚かれたのではないかと思います。ボーカルの声色も多彩で、オペラ調から女性声までこなす両声類。何者ですか。
カラフル・サウンズ・ポートさんは一年目にしてOz’beats優勝を成し遂げ、さらなる飛躍が期待されます。ルーキーの2年目に注目!
>> カラフル・サウンズ・ポート


(2位) eth剣 / BOKKEN PINK / BOKKEN DODOME+MAGENTA (tarolabo / 浪漫映像制作倶楽部) [8票]


○ 寄せられたコメント

・eth剣のお姉さんにBOKKENでしばかれたい!(BMS大好きさん)
・おねいさんにしばかれたい、はともかく、曲がよくまとめられててすげー!(不眠)

eth剣のお姉さんにBOKKENでしばかれたい!とは誰が言い出したのか。TEAM BOKKENより、eth剣堂々の2位です。カラフルな曲調、やりごたえ抜群の譜面、圧倒的映像美&脚線美で多くのプレイヤーを魅了しました。作者のtarolaboさんは上位に2作目の登場になります。ものすごい・・・。
TEAM BOKKENは本ブログのBOFチーム注目度調査で偽名チームなのに2位を獲得し、本戦でも圧倒的クオリティー&ハイセンスな(?)ネタで一大BOKKEN旋風を巻き起こしました。こんなチームが果たしてまた現れるのか、2011年のBOFも楽しみです。
>> BOKKEN.jp


(1位) Caterpillar Song / 溥儀ゆら原子の力しきみmashana与作 [10票]


○寄せられたコメント

・これをプレイできたことが今年最大の喜びだった。他が全て霞んだ。 (osara)

というわけで、溥儀さんのCaterpillar Songが貫禄の一位を手にしました!おめでとうございます!
溥儀さんはplugout4にて久々のBMS復活を果たした黎明期からの作者さんですが、時が経ってもこれだけの支持を得られる作品を繰り出してくる本当に恐ろしいお方です…。映像の原子の力さんはじめ、サポートメンバーも非常に強力でした。来年もすごい作品を出してくれることを期待したいですね!
>> 【詳細情報】 No.196 大人数チーム – [TRIP HOP] Caterpillar Song / 溥儀ゆら原子の力しきみmashana与作
>> BITPLANE


というわけで、びにゅう読者が選ぶ「このBMSがすごい!2010」いかがでしたでしょうか?
全ての順位、コメントなどを網羅した完全版は年明け後に公開します!時間がねえ!
それではみなさま!2011年もいいBMSライフを!

6 Comments

Trackbacks / Pingbacks

Leave a Reply